HOME>知って得する水まわりQ&A
 トイレに関するQ&A
便器と床の隙間が濡れている!
便器手前の床との隙間に汚れや濡れているところが集中していて黄色い痕がある場合は尿たれのと思われます。
尿たれとは、便器の外側に垂れた尿のしずくが便器の表面を伝わって、便器と床の隙間に付着したものです。
便器と床の隙間が満遍なく濡れている場合は結露が原因と思われます。
結露とは、空気中の水分が便器やタンクによって冷やされ水滴が発生することを言います。この結露で発生した水分が便器の表面を伝わり便器と床の隙間に付着していると思われます。
いずれも、気が付いたら拭き取る等こまめな御手入れが大事となります。また、結露の場合は、換気も重要になってきます。長時間放置しておくと、シミができたり床材を腐らせたりします。
便器の中の溜まり水が異常に多い!便器が詰まった。
紙や異物が便器内のトラップ部分に詰まったと思われます。
タンクの手洗からの水の出が悪くなった。
ストレーナーの目詰まりが考えられます。
ストレーナは水道中に含まれる異物をこし取る部品です。特に水道工事のあとや赤水が出たあとには異物が流れてくることがあります。
水が止まらない。
フロートバルブが磨耗してタンク内の水が便器へ流れ続けていると考えられます。
フロートバルブをつなぐ鎖が切れたり外れたりすると水が流れなくなります。
ウォシュレットが作動しない。
電源プラグが入っていても漏電ブレーカーがOFFになっている場合があります。電源プラグを一度ご確認下さい。
それでも作動しない場合は、電池切れが考えられます。
また、リモコン受信窓にゴミなどが付着していると受信しにくくなることがあります。汚れている場合はリモコン受信窓を柔らかい布などでふき取って掃除してください。

 キッチンに関するQ&A
蛇口の接合部から水漏れがする。
蛇口の接合部はゴムパッキンによりシールされています。使っていくうちにこのゴムパッキンが磨り減りシール力低下になり水が漏れます。
水漏れが確認されたら速やかに修理しましょう。放って置くと金属部が磨り減り蛇口自体の交換が必要となります。
また、最近の蛇口はカートリッヂ式になっているものも多くあります。カートリッヂ部から水漏れに関してはカートリッヂの取替えが必要となります。
水の出が悪くなった
水栓の先端についている水はね防止キャップの中には、水道水の中に含まれる不純物を取り除くために網が入っています。
この網にゴミがつまると水の出が悪くなります。水の出が悪くなったら掃除してください。
サーモ式水栓の温度調節ができなくなった。
サーモ自体が故障している可能性が考えられます。サーモを交換する必要があります。
排水の流れが悪くなった。排水口からゴボゴボ音がする。
排水トラップ内の防臭器や排水ホースに汚れ・異物が詰まっていると考えられます。汚れや異物により排水不良を起こし流れが悪くなたっり、ゴボゴボ音がしたりします。
 浴室・洗面所に関するQ&A
シャワーや水栓から水の出が悪くなった。
配管内の異物や水垢によるストレーナーやシャワーの目詰まりが考えられます。
シャワー水栓を使っているうちに配管の切粉やゴミが詰まったり、水垢がシャワーの散水栓に詰まることがあります。
浴槽のお湯が追炊きしてもなかなか温まらない。
追炊きアダプターのフィルターが汚れ、温水の循環がうまくいっていないことが考えれます。
毛髪や湯垢でフィルターが目詰まりすると、湯沸し機能が正しく働かなくなることがあります。
洗い場の排水口の流れが悪い、悪臭がする。
ゴミや毛髪が排水トラップ内に堆積していることや、排水トラップの封水切れが考えられます。
ヘアキャッチャーからもたれた毛髪などが排水トラップ壁面に溜まっていきます。排水トラップに溜まった毛髪で毛細管現象が起こり、封水が切れます。
また、長期間水を流さなかった場合、トラップ内のたまり水が蒸発します。
封水が切れると、臭いを留めることが出来ず臭いがあがってきてしまいます。
シャワーや水栓から設定した温度のお湯が出ない。
お湯と水の供給バランスがうまくいっていないことが考えられます。お湯と水の止水栓を回し流量を調整する必要があると思われます。
また、サーモ式水栓の場合サーモの不具合も考えられます。その場合サーモの交換が必要になります。